奈良・学園前の整形外科:田中整形外科

股関節とバレー

   

4月18日は、股関節の講演を聞きにいった。加齢的変形による痛みだけでなく、スポーツによって痛めた関節を内視鏡で治療する話であった。ニューヨーク ヤンキースのロドリゲスも関節鏡手術を受けたそうだ。そういえば、この頃テレビで見る。翌日バレーを見に行った。ジャンプして大きく脚を前後に開いていた。この動きでも、股関節を痛めるそうだ。バレーは、音楽とダンスの芸術だ。初めて見たが、奈良の百年会館の大ホールが、いっぱいでした。ファンが多いのにびっくりした。美しさの中に努力とケガが隠れているのが、少しわかった。

 - blog

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

サンプル

練習です

ドンキホーテ

秋の研修会で行ったスペイン村、ドンキホーテの像、今の気分です。 最近、ちびっこめ …

テニス

先週は暖かかったので、二回もテニスをしました。昨日もしましたが、みぞれが少し降り …

比叡山

先週比叡山のガーデンミュージアムに行ってきた。いろんな花が咲いていた。その時のコ …

頑張っている虎

最近の梅ちゃんです。

water bed

うちにもウォターベッドがやってきた

うめ

家の庭でも梅が一輪、二輪と咲いてきました。これは、二年前から、うちの一員である梅 …

春が早く来るように、菜の花の写真を載せます。これは、愛知県の知多半島で以前とった …