奈良・学園前の整形外科:田中整形外科

股関節とバレー

   

4月18日は、股関節の講演を聞きにいった。加齢的変形による痛みだけでなく、スポーツによって痛めた関節を内視鏡で治療する話であった。ニューヨーク ヤンキースのロドリゲスも関節鏡手術を受けたそうだ。そういえば、この頃テレビで見る。翌日バレーを見に行った。ジャンプして大きく脚を前後に開いていた。この動きでも、股関節を痛めるそうだ。バレーは、音楽とダンスの芸術だ。初めて見たが、奈良の百年会館の大ホールが、いっぱいでした。ファンが多いのにびっくりした。美しさの中に努力とケガが隠れているのが、少しわかった。

 - blog

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

鹿の角

これは、桜の吉野山の鹿の角です。知り合いに、もらったのですが、吉野山に落ちている …

学会発表

最近は、7月19日の日本臨床整形外科学会の発表の準備でいそがしかったです。慣れな …

興福寺中金堂

300年ぶりに再建された中金堂

鯛の塩蒸し

今日は、ひな祭りです。いつもひな祭りとか五月の節句には、鯛の塩蒸しを作ります。こ …

虹をこえて

3週程前の虹です。久しぶりに見ました。何か良いことが有りそうな気がしました。

頑張っている虎

サンプル

練習です

パラオ

能員法師のようですが、家族が行ってきたパラオの写真を載せます。行ってみたいですね …

ハウステンボス

2月11日ハウステンボスに行ってきました。光の王国のイルミネーシォンがきれいでし …

学会参加

7/14 日本臨床整形外科学会学術集会に参加しました