奈良・学園前の整形外科:田中整形外科

股関節とバレー

   

4月18日は、股関節の講演を聞きにいった。加齢的変形による痛みだけでなく、スポーツによって痛めた関節を内視鏡で治療する話であった。ニューヨーク ヤンキースのロドリゲスも関節鏡手術を受けたそうだ。そういえば、この頃テレビで見る。翌日バレーを見に行った。ジャンプして大きく脚を前後に開いていた。この動きでも、股関節を痛めるそうだ。バレーは、音楽とダンスの芸術だ。初めて見たが、奈良の百年会館の大ホールが、いっぱいでした。ファンが多いのにびっくりした。美しさの中に努力とケガが隠れているのが、少しわかった。

 - blog

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

梅ちゃんの小さいとき

梅ちゃんの小さいとき、リクエストがあったので載せます。

学会発表

最近は、7月19日の日本臨床整形外科学会の発表の準備でいそがしかったです。慣れな …

ラン

二階の胡蝶蘭もう一カ月は咲いている

興福寺中金堂

300年ぶりに再建された中金堂

大山

鳥取の大山 鳥取の象徴である。西側からの景色です。

ロスアンゼルス

10月のアメリカ研修、ロスの空港の道の上を飛ぶ飛行機 60周年のディズニーランド …

小倉祇園太鼓

7月学会で小倉に行ったときの祭り。無法松の太鼓がすごかった。

鹿の角

これは、桜の吉野山の鹿の角です。知り合いに、もらったのですが、吉野山に落ちている …

ベーコン

ベーコンを作った。最近は作っていなかったが、いつも通りできた。 ベーコンエッグは …